メイキング

Webマンガ「エンジニア!」制作日記:主人公ウィル教授と助手のジョブ君ができるまで

更新日:

Webマンガ「エンジニア!」よろしくお願いします!

今回はこの作品のコアとなる主人公「ウィル教授」と助手の「ジョブ君」ができるまでの製作過程をメモしておきます。

作品ページはこちら

Sponsored Links

ウィル教授は作者の親父がモデル

外見はこんな感じです。

女エンジニアであり、技術力が高くて、世界の工学技術にすごい影響を与えている…大物エンジニアという大雑把なイメージからスタートしました。

描いているうちに、あ、これって親父じゃん…ということに気がつきました。キャラは女ですが、性格が親父そっくり。

私の親父は建築士です(建設関係の「エンジニア」とも言える)。建設屋だから、がっちりしていてタフだけど、寡黙で、きちんとしている。仕事のデキる男。

メカがすきだから、いろんなメーカーの新製品を買ってきては試している。もちろんメカの操作はお手のもの。

そこそこおしゃれで、サングラスがよく似合う。

ウィル教授もそんなキャラです。

ジョブ君はたぶん自分

助手のジョブ君の外見はこんな感じです。

シャーロック・ホームズでいうとワトスン君で、ドラえもんでいうとのび太みたいな立ち位置です。

ウィル教授がスーパーヒーロータイプだから、読者目線になれる等身大キャラが必要だということで、ご都合的に考えたのがきっかけで生まれました。

こういうキャラってたいてい作者自身の性格を反映しちゃうわけですが、たぶんジョブ君もそうなっちゃったと思います。

というわけで、このマンガは私にとって、親父と一緒に冒険する話です。

私は結構イエスマンな性格で、行動力のある友達のやりたいことに付き合って、どんどん振り回されながらも、いろいろな経験ができる…というのが好きです。

このマンガも、ウィル教授のペースに振り回されつつも、それを楽しんでいるジョブ君の話になっていると思います。

ジョブ君はそんなキャラです。

 

作品ページはこちら

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

-メイキング

Copyright© OSHIBUYA , 2017 AllRights Reserved.