CLIP STUDIO PAINTの使い方

「CLIP STUDIO PAINT EX」(クリスタEX)で写真を白黒マンガの背景に加工する方法

投稿日:

最近のマンガでは、写真をもとにした背景を使っている作品が多いですね。

「CLIP STUDIO PAINT」(通称・クリスタ)の上位モデル「EX」を使うと、かなり簡単に写真を背景に加工できます。

この記事は、「CLIP STUDIO PAINT EX」を使って、写真を白黒マンガの背景に加工するメイキングです。

ステップ1:画像の下処理

解像度の調整

大前提として、解像度が小さいとダメです。解像度が小さいと、写真をトーン化するときに、ドットが汚くなるからです。

解像度は最低でも600dpiは必要です。メニューの「編集」→「画像解像度を変更」をクリックします。

クリップスタジオ解像度を変更。ピクセル数を固定にチェック。解像度600

「ピクセル数を固定」にチェックを入れてから解像度を変更します。

こうすると、画像サイズは変わらず、解像度だけが変化します。

色調補正

影の部分が暗くてよく見えないので、少し明るく調整します。

Photoshopなら「シャドウ・ハイライト」を使うのがベストですが、クリップスタジオではそれが使えないので、代わりに「トーンカーブ」で補正します。

メニューの「編集」→「色調補正」→「トーンカーブ」をクリックします。

クリップスタジオ。トーンカーブ。山なりのカーブ

上の図のように、真ん中の白い斜線が山なりになるように、ドラッグ&ドロップします。

すると、以下のように、影の中がくっきり見えるようになります。

 

ステップ2:LT変換

ここからがクリスタEXの真骨頂「LT変換」ですね。

簡単な操作で、写真を白黒マンガの背景に加工できます。

(ちなみに、この機能はカラーの背景に加工するには不向きで、Photoshopのほうが便利です。その方法は別の記事を参照→Photoshopなどで写真を簡単にアニメ・イラスト風カラー背景に加工する方法メイキング

先ほど補正したレイヤーを複製しておきます。

メニューの「レイヤー」→「レイヤーのLT変換」をクリックします。

すると、以下のウィンドウが開くので、数値などを調整します。

クリップスタジオEX。レイヤーのLT変換。

数値をいじる前に「プレビュー」にチェックを入れておけば、数値を変えるたびに画像の変化を確認できます。

ちなみに、数値を変えた後、他の場所をクリックしてカーソルを外に出さないと、プレビューに反映されません。

階調化してから抽出の設定

これにチェックが入っていると、画像が階調化されたうえで線画抽出されるので、デザイン画風の変な線になってしまいます。

通常このチェックは外したほうがいいでしょう。

「黒ベタ閾値」の設定

これは黒ベタで塗りつぶす範囲の広さです。大きいほど、広範囲が黒く塗りつぶされます。

Photoshopでいうところの、「2階調化」したレイヤーの閾値(しきい値)ですね。

今回は「80」にしました。

「ライン幅調整」

これは抽出した線画の太さの数値です。

プレビューよりも結果のほうが細くなるので、プレビューで太く感じるぐらいがちょうどいいです。

今回は「5」にしました。

エッジ検出処理

「エッジ検出処理1」と「エッジ検出処理2」の2種類があります。今回は1を使います。

「エッジ検出処理1」では「エッジ閾値」と「検出方向」を設定します。

「エッジ閾値」は大きいほど線の数が多くなる感じです。

「検出方向」の矢印はすべてONのままでもOKですが、いくつかOFFにすると、線が少なくなって、マンガっぽくなります。おすすめは「上下どちらかの矢印」と「左右どちらかの矢印」の2つだけONにする組み合わせです。

「トーンワーク」の設定

デフォルト状態だと3種類の濃さのトーンが設定されています。

数値を変えれば、トーンの濃さを変えられます。

それぞれの濃さの数値の下にある三角をスライドさせて、トーンを貼る範囲を調整します。右にずらすほど、その濃さのトーンの範囲が広くなります。

トーンの数を増やすには、三角マークが無い部分をクリックするだけです。トーンの数を減らすには、消したいトーンの三角マークを、スライドの外側までドラッグ&ドロップするだけです。

「種類」を変えると、斜線のトーンなど、ドット以外のトーンに変えられます。

「線数」はトーンの細かさで、数が多いほど細かくなります。「角度」は通常45度にします。

 

以上の設定をして、最後にOKをクリックするだけでほぼ完成です。以下の通りです。

サイトに貼るために拡大縮小しているので、モアレになっている点はご了承下さい。

クリップスタジオEX。LT変換後

ステップ3:その他の修正

クリップスタジオはPhotoshopよりも描き込みがしやすいので、不要な線を消して、自分の線に置き換えるなど、自由に修正できます。

「LT変換」をした際、線画のレイヤーと、トーンのレイヤーが自動的に生成されているので、修正したいレイヤーを選択して描き込むだけです。レイヤーの並びは以下のようになっています。

クリップスタジオEX。LT変換で自動生成したレイヤーの順番

  1. 輪郭線(線画)
  2. トーン3
  3. トーン2
  4. トーン1
  5. 下地(白の塗りつぶし)

今回は純粋にソフトの変換機能だけで加工したいので、描き込み等はしていません。

ただ、空の部分にだけ、きれいなグラデーションのトーンを貼ります。

まず、下記のように、線画の下に新規レイヤーを追加します。追加するには、「レイヤー」→「新規レイヤー」→「ラスターレイヤー」とクリックします。

クリップスタジオEX。トーン用レイヤーの追加

このレイヤーを「グレー→白」のグラデーションで塗りつぶします。グラデーションが終わる部分が、空の縁に合うようにしています。

クリップスタジオ。グレーから白へのグラデーション

このグラデーションをトーンに変換します。

画面右上あたりの「レイヤープロパティ」に表示されているトーンのマークをクリックするだけです。

トーンのマークは下の図の赤矢印で示した部分です。

クリップスタジオ。レイヤーをトーンに変換

これだけで、以下のように、グラデーションで塗ったレイヤーがトーン化されます。(サイトに貼るために拡大縮小しているのでモアレになっています)

クリップスタジオ。レイヤーをトーンに変換後

後は、このグラデーションのレイヤーに「レイヤーマスク」をかけて、空の部分だけが表示されるようにするだけです。

レイヤーマスクの使い方はPhotoshopと同じです。詳しくは別の記事を参照→Photoshopの使い方|「レイヤーマスク」とは―しくみ・使い方。レイヤーの一部だけを表示させたい時に便利!

完成!

クリップスタジオEX。写真を白黒背景に加工。完成

Photoshopだと、トーン化する際、別ファイルに保存しないといけないので、かなり面倒ですが、クリスタなら1つのファイルで管理できるので簡単ですね。

(Photoshopの場合の操作方法は別の記事を参照→Photoshopで写真を簡単に印刷対応の白黒マンガの背景に加工する方法メイキング

写真を白黒マンガの背景に加工するソフトは、クリスタ一択かもしれません。

ちなみに、クリスタは2つのグレードがありますが、今回の必須機能である「LT変換」は、高いグレードの「EX」にしかありません。

詳しくはコチラ→CLIP STUDIO PAINT EX

-CLIP STUDIO PAINTの使い方

Copyright© OSHIBUYA , 2017 All Rights Reserved.