マンガ投稿の仕方

Webマンガサイト・アプリに投稿してみた―投稿の仕方・感想―「XOYリーグ」編

投稿日:

キュレーションサイトなどが有名な「NEVER」社が運営する無料マンガアプリ「XOY」。

ここにも「XOYリーグ」という、だれでもマンガを投稿できるインディーズ登録のような仕組みがあります。

ここにマンガを投稿してみたので、手順・投稿してみてわかったことなどをメモしておきます。

投稿の手順

会員登録

「XOYリーグ」のトップページの右上にある「作品投稿」→「会員登録」とクリックします。

メールアドレス・パスワード・ニックネーム(ペンネーム)を入力します。

すると入力したメールアドレスに「[XOY]メールアドレス認証のご案内」というメールが届くので、メールを開き、本文中のURLをクリックします。

これで会員登録が完了するので、再度トップページの「作品投稿」をクリックして、先ほどのメールアドレスとパスワードでログインします。

作品登録

ログインすると下のような画面が表示されます。

「XOYリーグ」の作品登録ページ

作品登録ページ

入力項目は以下のとおりです。

  • サムネイル画像(推奨サイズ436×436[px]。500kb以内。JPGのみ)
  • ジャンル
  • 作品名
  • 作品紹介文(500文字以下)

「XOYの 利用規約 および プライバシーポリシーに同意します」の左にあるチェックマークをクリックして、一番下の「作品を登録する」をクリックします。

エピソード追加

作品登録が完了すると、下のような画面が表示されます。

XOYエピソード追加ページ

エピソード追加ページ

入力項目は以下のとおりです。

  • サムネイル画像(推奨サイズ:横160px縦151px。500kb以内。JPGのみ)
  • エピソードタイトル
  • アップロードファイル(=マンガの画像データ:横800px縦1280px以内。1ページ2MB以内。合計20MB以内。JPGのみ)
  • 作者の一言(400文字以内)

マンガのデータをアップロードすると以下のようになるので、ページを「ドラッグ&ドロップ」して並べ替えることができます。ファイル名を連番にしていれば、ほぼ順番通りになっています。

XOYリーグのマンガのデータをアップロードした後の画面

マンガのデータをアップロードした後の画面

最後に、一番下の「エピソードを投稿する」をクリックして、投稿完了です。

投稿したマンガはコチラ→XOY「エンジニア!」渋谷理

投稿してみてわかったこと

自己紹介ページがない

「XOYリーグ」では、自己紹介ページが作れません。

ということは、サイトへのリンクが貼れませんし、自分の他の活動を紹介することもできません。

自分をアピールするという面では弱いサイトだと思います。

縦読みしかできない

ページが縦に並んで、スクロールするタイプなので、普通のコマ割りだとちょっと読みにくくなります。

スマホアプリで見ても、ページが縦につながった感じになってしまいます。

コメントをもらえるのがうれしい

他のアプリと比べると、沢山コメントをもらえました。1週間で12コメントぐらいです。

比較的コメント機能が活発なアプリといった感じでしょうか。

閲覧数

投稿すると、以下のようにトップページの一番最初に表示されます。

XOYリーグトップページ。私の投稿したマンガが一番上に来ている

新しいマンガが投稿されたり、既存のマンガが更新されたりするたびに、トップに表示され、古いマンガはどんどん下位に行くしくみです。

2017年8月現在は、まだ投稿されているマンガの数が少ないのか、比較的しばらくトップに表示されたままです。

閲覧数も1週間で、1話あたり約1500PV。1週間たっても、1日200PVはあります。

まさしく今のうちって感じですね。

「評価」という項目がめずらしい

マンガを読んだ後、その作品を読者が10段階で評価するしくみがあります。他のアプリでは見かけないと思います。

この評価が高い+編集部に気に入られると、公式連載に昇格できるようです。

読者の反応が数値化されるので面白いですね。

スポンサードリンク




スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マンガ投稿の仕方

Copyright© OSHIBUYA , 2017 AllRights Reserved.