メイキング

Photoshopで写真を簡単に印刷対応の白黒マンガの背景に加工する方法メイキング

更新日:

最近のマンガでは、写真をもとにした背景を使っている作品が多いですね。

方法さえ知っていれば、実は誰でも簡単に出来てしまいます。

この記事は、写真を白黒マンガの背景に加工するメイキングです。印刷に対応した方法です。

Sponsored Links

ステップ1:画像の下処理

サイズ調整

大前提として、画像が小さいとダメです。

印刷に対応できるようにするには、白黒の場合、解像度が1200dpiは必要です。メニューの「イメージ」→「画像解像度」で変更できます。

ちなみに、トーンを貼った後に画像の拡大縮小をすると、トーンが汚くなります(モアレ)。ですから、あらかじめ原稿にマッチするように、画像サイズを調整しておきましょう。

色調補正

影の部分が暗くてよく見えないので、少し明るく調整します。

メニューの「イメージ」→「色調補正」→「シャドウ・ハイライト」とクリックすると、以下のウィンドウが表示されます。

シャドウ・ハイライトのウィンドウ。シャドウ量50%。ハイライト量0%

以下のように、影の部分が適度に明るくなって、影の中がはっきり見えるように「シャドウ」の数値を調整します。

シャドウ・ハイライトのビフォーアフター。影の内部がはっきり見えるようになっている

こうして作った下処理済みのレイヤーが、すべてのレイヤーの元となります。このレイヤーをコピーしたものが、線画やトーンに加工されていくわけです。

ステップ2:線画を作る

線画を3種類作って合成します。

3種類とは「輪郭検出」+「ハイパス」+「2階調化しただけのベタ塗りレイヤー」です。

線画1:輪郭検出

ステップ1の下処理済みレイヤーをコピーして、「線画1」用のレイヤーを作ります。

「輪郭検出」をします。メニューの「フィルター」→「表現手法」→「輪郭検出」をクリック。

検出した輪郭線を、白黒に変換します。メニューの「イメージ」→「色調補正」→「2階調化」をクリック。

すると以下のようなウィンドウが表示されるので、プレビューを見ながら、ちょうどいい濃さになるように、しきい値を調整します。

2階調化ウィンドウ。しきい値170

ここでは細かい部分の線画が残ればいいので、薄め(数値が低め)で大丈夫です。

完成した「線画1」は以下の通りです。

「線画1」レイヤー:輪郭検出

「線画1:輪郭検出」レイヤー完成

合成モードを「乗算」にすると、白い部分が透明になって、黒い部分の線画だけを重ねることができます。

線画2:ハイパス

ステップ1の下処理済みレイヤーをコピーして、「線画2」用のレイヤーを作ります。

メニューの「フィルター」→「その他」→「ハイパス」をクリック。

すると以下のようなウィンドウが表示されるので、プレビューを見ながら数値を調整します。およそ60pixelあたり、輪郭がはっきり見えてくるあたりでOKです。

次に、白と黒に変換します。メニューの「イメージ」→「色調補正」→「2階調化」をクリック。

すると以下のようなウィンドウが表示されるので、プレビューを見ながら、ちょうどいい濃さになるように、しきい値を調整します。

ここでは、大まかな輪郭がしっかり残っていれば大丈夫です。細かい部分は既に作った「輪郭検出」の線画が補ってくれます。

完成した「線画2」は以下の通りです。

「線画2」レイヤー:ハイパスの完成図

「線画2:ハイパス」レイヤー完成

合成モードを「乗算」にすると、白い部分が透明になって、黒い部分の線画だけを重ねることができます。

線画その3:ベタ塗り

アナログのペン入れの時に、ついでにペンでベタ塗りもやっちゃったりしますよね。デジタルでも、ベタを線画の一部と考えると上手くいくと思います。

ステップ1の下処理済みレイヤーをコピーして、「線画3」用のレイヤーを作ります。

メニューの「イメージ」→「色調補正」→「2階調化」をクリック。

すると以下のようなウィンドウが表示されるので、プレビューを見ながら、ちょうどいい濃さになるように数値を調整します。

ベタ塗りしたい部分だけが残るようにします。

完成した「線画その3」は以下の通りです。

「線画3」レイヤー:ベタ塗りの完成図

「線画3:ベタ塗り」レイヤー完成

合成モードを「乗算」にすると、白い部分が透明になって、黒い部分の線画だけを重ねることができます。

ステップ3:トーンを作る

トーンの作り方はいくつかありますが、Photoshopのデフォルト機能だけでできるのは「モノクロ2階調化」を使った方法ぐらいだと思います。

他にも、パターンを購入したり、無料素材をダウンロードして作る方法もありますが、ここでは使いません。

「カラーハーフトーン」を使う方法もありますが、印刷に対応できません。

「モノクロ2階調化」を使って、今回は2種類のトーンを作って合成します。2種類とは「ポスタリゼーションあり」+「ポスタリゼーションなし」です。

トーンの下準備:グレースケールモードの別ファイル作成

ステップ1の下処理済みレイヤーをコピーして、トーン用のレイヤーを作ります。

次に、グレースケールモードに切り替えます。

切り替えるとすべてのレイヤーが統合されてしまうので、その前にここまでの作業内容を保存し、さらに「別名で保存」して、トーン用のファイルを作りましょう。統合する前に、先ほど作ったトーン用のレイヤーを、必ず一番上に移動させます。

「イメージ」→「モード」→「グレースケール」→「統合」→「破棄」とクリック。

これでトーン用のファイルができました。ファイルはトーンの数だけ必要になるので、今回はこのファイルを2つ作っておきます。

トーン1:ポスタリゼーションあり

前の項で作ったトーン用のファイルで、「イメージ」→「色調補正」→「ポスタリゼーション」とクリックします。

以下の画面が表示されるので、画像の明暗を、何段階に塗り分けるかを指定します。階調数4~5あたりが自然だと思います。今回は5にしました。

次にトーン化です。「イメージ」→「モード」→「モノクロ2階調化」→「OK」とクリックします。

以下のウィンドウが表示されます。解像度はそのまま、種類は「ハーフトーンスクリーン」にします。

ちなみに、解像度が低いと、印刷したときにトーンが汚くなります。ここで解像度を変えても意味がないので、前述の通り、解像度は一番最初に調整しておく必要があります。

「OK」をクリックすると、以下のようなウィンドウが表示されます。線数を大きくするほど、トーンが細かくなりますが、印刷所の規定値以下にします。角度は45度、網点形状は円にします。

完成した「トーン1」は以下の通りです。サイトに貼るために縮小しているので、モアレになっていますが、元の画像はもっときれいなトーンです。

「トーン1」:ポスタリゼーションありの完成図

「トーン1:ポスタリゼーションあり」レイヤー完成

トーン2:ポスタリゼーションなし

ポスタリゼーションをしたトーンだけだと、空などのグラデーションが汚い感じになってしまいます。

そこで、ポスタリゼーションをしないトーンを作って、空の部分に合成します。

まず、もうひとつ作っておいたトーン用のファイルを開きます。このトーンでは、先ほどの「ポスタリゼーション」をやらずに、そのままトーン化します。

今回は微調整として、空のグラデーションがきれいになるように「レベル補正」します。「イメージ」→「色調補正」→「レベル補正」とクリック。

以下のウィンドウが表示されるので、図の赤い矢印で指した2つのスライドを、内側に移動させます。(図は、移動させた後の状態)

以下のように、空のグラデーションの一番明るい部分が真っ白になるように、プレビューを見ながら、スライドの位置を調整します。

次にトーン化です。トーン化の手順は前述の「トーン1」と同じです。「イメージ」→「モード」→「モノクロ2階調化」→「OK」とクリックします。

以下のウィンドウが表示されます。解像度はそのまま、種類は「ハーフトーンスクリーン」にします。

「OK」をクリックすると、以下のようなウィンドウが表示されます。線数は印刷所の規定値以下にします。角度は45度、網点形状は円にします。

最後に「OK」をクリックして「トーン2」の完成です。

完成した「トーン2」は以下の通りです。サイトに貼るために縮小しているので、モアレになっていますが、元の画像はもっときれいなトーンです。

「トーン2」:ポスタリゼーションなしの完成図

「トーン2:ポスタリゼーションなし」レイヤー完成

できたトーンを元のファイルにコピー

完成した2つのトーン用ファイルを、元のファイル(最初のファイル)に、レイヤーとしてコピーします。

まず、トーン用のファイルのモードを切り替えないと、レイヤーが操作できません。「イメージ」→「モード」→「グレースケール」→「OK」とクリック。

これでレイヤーを複製できます。「レイヤー」→「レイヤーを複製」をクリックし、元のファイルのファイル名を指定します。(この時、元のファイルを開いている必要がある)

2種類のトーンを合成

レイヤーマスクを使って、空のグラデーション用に作った「トーン2」を、空の部分にだけ合成します。

「トーン2」が「トーン1」の上にくるように並べ替えます。

「トーン2」のレイヤーにレイヤーマスクをかけます。「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「すべての領域を隠す」をクリック。

レイヤーマスクを選択した状態で、空全体を白ブラシで塗ります。多少はみ出ても大丈夫です。

この時、フチにぼかしがかかったブラシで塗ると、グレー部分がが発生して印刷が汚くなるので、以下のように、フチがくっきりしたブラシを選択して塗ります。

これで、以下のように空のグラデーションがきれいになります。

完成!

これで完成です。念のため、レイヤーの並び順と合成モードを以下に書いておきます。

  • 3つの線画レイヤー(3つの並びは自由):合成モードは「乗算」
  • トーン2:合成モードは「通常」+レイヤーマスクあり
  • トーン1:合成モードは「通常」

仕上げとして、細かいノイズとか、不要な線画を消したり、ベタの足りない部分を塗ったりします。ここでは、影のフチの線画が不自然なので消しました。

紙に印刷して、手描きで描き込んだりすると、いっそうクオリティが高くなると思います。

写真をマンガ背景に加工―完成図

完成!

「クリスタ」ならもっと簡単

ちなみに、「クリップ・スタジオ・ペイント(通称クリスタ)」なら、背景加工専用の機能があって、Photoshopよりも簡単にできます→CLIP STUDIO PAINT EX

Photoshopはマンガを描くために作られたわけではないので、マンガっぽい背景を作るにしても限界があります。でも、マンガ制作のための専用ソフトを使えば、もっと簡単にできますし、トーンも豊富です。

マンガ制作ソフトの中で、写真を背景に加工する機能があるのは、「クリスタ」だけですね。

クリスタは2つのグレードがありますが、写真を背景にする機能は、高いグレードの「EX」にしかありません。

詳しくはコチラ→CLIP STUDIO PAINT EX

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

-メイキング

Copyright© OSHIBUYA , 2017 AllRights Reserved.