Webマンガ

Webマンガの描き方 メイキング

Webマンガ「エンジニア!」制作日記ー読みやすいWebマンガとは?コマ割り・見開き・文字サイズについて

投稿日:

Webマンガ「エンジニア!」は、デジタルデバイスで読むために作りました。

デジタルデバイスで読みやすいマンガとは?コマ割りは?見開きは?文字の大きさは?などなど...

工夫した点についてまとめてみました。

マンガはこちら→Webマンガ「エンジニア!」

Sponsored Links

基本方針

デジタルに合わせるとはいえ、さじ加減が難しいと思います。

あまりに合わせすぎると、すぐに時代遅れになる可能性があります。

例えば、スマホ・タブレットが古臭くなった時代に、自分のマンガも一緒に古臭くなってしまう可能性があるからです。

そこで、基本方針として、「紙媒体マンガの伝統をおさえつつ、デジタルでも読みやすく」ということにしました。

コマ割りについて

最近では、スマホで読むことを前提に作られた「縦読み(縦スクロール)マンガ」なるものが出回っていますね。

有名どころだと「comico」がそうですね。

コマが縦一列に並んでいて、それをずーっと縦方向に読んでいくコマ割りです。

私はこれを採用しませんでした。

縦スクロールは、スマホやタブレットでは読みやすいですが、スマホ・タブレットに合わせすぎている感じがするからです。

しかも、伝統的なマンガのコマ割りが全く通用しない。つまり、先輩たちのコマ割りを参考にすることができない…!つまりコマ割りの技術を、新しく開発しなくちゃいけないわけですが、そんな才能もない…!

そこで、「1ページずつめくっていく」という、紙に近い形式にしました。これで、紙のマンガと、コマ割りの基本は同じです。とはいえ、見開きの問題があります。

見開きについて

紙のマンガは2ページで1セットですね。いわゆる「見開き」というやつです。

紙のマンガは、見開き単位でのバランスや流れを考えて作られているわけです。

しかし、デジタルデバイスでは、2ページ同時表示の「見開き」は、できる人とできない人が発生します。

画面の大きい人は「見開き」ができますが、スマホ等の小さい画面で読んでいる人は、「見開き」にすると、字が小さくて読みにくくなっちゃいます。

そこで、見開きでも1ページ単位でも、どちらでも読みやすいようなコマ割りにしました。

つまり、見開き2ページにまたがるようなコマは使わないということです。

字の大きさについて

文字はなるべく大きくしました。

スマホの画面はほとんどの場合、紙のマンガ1ページよりも、かなり小さいからです。

そのため、コマのサイズも、大きめになっています。

Webマンガにページ制限はないので、コマが大きくなっても問題ないと思います。

コマの大きさのメリハリさえつければ、演出上の問題もないでしょう。

なるべく吹き出しも大きくしています。デジタルだと吹き出しを半透明にできるので、大きくしてもあまり窮屈にはならない感じです。

当然フルカラー

デジタルで読むマンガでも、現在世の中に出回っている作品のほとんどが白黒ですね。

なぜなら印刷することが前提で作られているから。

私のマンガは印刷する予定がないので、当然フルカラーで描きます!

フルカラーだと、白黒とは全然描き方が違うので、いろいろと新しい表現ができるかな?と思っています。

コマの外側は黒

これは、良いのか悪いのか、まだなんとも言えないですが、コマの外側を黒くしました。

なぜかというと、液晶の場合、ベースとなる色って黒じゃないか?と思うからです。

アナログの場合は、白い紙に描くから、コマの外側は自然と白かったわけです。じゃあデジタルなら、基本色は黒なのでは?ということです。

でもこれだと、夜とか宇宙のシーン等、黒い背景の場合に枠線が消えちゃいます。とりあえず「白いワク線」を使って対応しました。

全編黒で成立するのか、少し不安ではありますが、なんとなく「カラーが際立つかな?」とは思っています。

まとめ

私の考える、読みやすいWebマンガは以下のとおりです。

  • 1ページづつめくる形式
  • 見開きなし
  • 文字は大きめ
  • フルカラー
  • コマの外側は黒

マンガはこちら→Webマンガ「エンジニア!」

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

-Webマンガの描き方, メイキング

Copyright© OSHIBUYA , 2017 AllRights Reserved.