マンガ投稿の仕方

マンガ投稿サイトに投稿してみた―「少年ジャンプルーキー」編

更新日:

ジャンプ連載作家を目指す人などが利用する、マンガ投稿サイト「少年ジャンプルーキー」

私の場合は、自分のマンガの宣伝として利用するというスタンスなので、ちょっと邪道ではありますが、投稿してみました。

気がついたことなどをメモしておきます。

作品ページはコチラ

投稿の仕方

アカウント作成

まずはアカウント作成です。

PCサイトの右上にある「アカウント作成」ボタンからメールアドレスを入力します。入力したアドレス宛に確認のメールが届くので、メールに記載されたURLをクリックします。

これだけでアカウント作成完了です。

ちなみに、アカウントは「少年ジャンプルーキー」と「あしたのヤングジャンプ」で共通です。

プロフィールなどの設定

右上のプルダウンメニューの「設定」から、プロフィールやアバター画像を設定できます。

作品の登録

「新しい作品を投稿する」ボタンから、作品の画像データをアップロードします。

本編に加えて表紙が1枚必要です。

表紙は縦長でも横長でもダメで、真四角に近いほうがいいようです(私のやつは横850×縦650pxで、ちょっと横長)

「少年ジャンプルーキー」の特徴

「編集部バッジ」

まず注目したいのが、「編集部バッジ」がつくかどうかです。

編集部から「画力」「構成力」「ストーリー」「演出力」「キャラ」「オリジナリティー」を評価された作品は、編集部バッジが付きます。

なんともジャンプらしい仕組みですね。

今時「オリジナリティー」なんて項目があるのに驚きましたが、どうやら、ニッチな題材かどうか?ということのようです。私が参加した時は、「琴」のマンガにスタンプがついていました。

 

私が参加した2017年1月期を見た限りでは、投稿されてから2-3日以内には「編集部バッジ」がつけられています。

もし、1週間以上もバッジが付かないということは、付けてくれなかったと判断していいと思います。

ちなみに私はバッジなしでした。くやしいですが、本来の目的が「宣伝」なので、ここは我慢!

「ルーキー賞」

投稿すると、自動的に「ルーキー賞」に参加することになります。

その月に投稿された作品のうち、ランキング10位以内になると、編集部にコメントをもらうことができます。

短いコメントなので、あまり期待しないほうがいいと思いますが、ある程度参考になる場合もあるかもしれませんね。

上位10位の中でさらに、ジャンプ編集部に気に入られると、「ジャンプ+」や本誌での連載が決まるようです。

ただし、その場合、著作権を持っていかれて、他のサイトでの公開はできなくなると思われます。

宣伝効果はどうなのか

編集部バッジなしでも月5000ビュー

私のマンガは、最終的に12位でしたが、1か月間のビュー数が1話あたり約5000も行きました。→作品ページはコチラ

大手サイトだからすぐ埋もれるんだろうと思ってましたが、意外と埋もれない!

おそらく、ルーキー賞の候補としてピックアップされているうちは埋もれにくいんでしょうね。

毎月淘汰されているからライバルが少ない

しかも毎月賞をやって、最低1作品は「ジャンプ+」に引きぬいています。

つまり、毎月淘汰されちゃっているので、「ジャンプルーキー」の中で人気がでているような作品は、ほとんどないわけです。

つまり、意外とライバルが少ない。

最初の1週間くらいだけですが、編集部バッジもない僕のマンガが「人気作品」の2位にまで行ったくらいです。

結論:最初の1ヶ月間だけは宣伝効果バツグン!

というわけで、最初の1か月間限定ですが、ジャンプルーキーは意外と宣伝効果があると思います。

1ヶ月を丸々有効に使うためにも、月の最初に投稿したほうがよさそうです。

月の前半は特にライバルが少ないので、早めに投稿したほうが、ビュー数を稼げると思います。

ただ、ほんと残念なのが、プロフィールにURLの項目がないことです。サイトへの流入という点では微妙かもしれません。

-マンガ投稿の仕方

Copyright© OSHIBUYA , 2017 All Rights Reserved.