apps

マンガ投稿の仕方

Webマンガ投稿サイト・アプリ比較まとめ|他のサイトと同時掲載OKなやつだけ集めました

更新日:

マンガアプリやサイトがが沢山ある時代ですね。

それらのほとんどは、誰でもマンガを投稿して掲載できます。しかも、編集者の厳しい目をくぐらなくても、規定さえ守っていれば即掲載です。

そういうサイトを3種類に分類して、まとめました。他のアプリやサイトに同時掲載OKなものに限定しています。

2軍あつかいとして投稿するサイト

1種類目は、1軍の「連載作品」とは別枠で、2軍扱いで投稿するサイトです。

「インディーズ」等として別枠になっていますが、1軍も2軍も同じアプリから見られます。

ちなみに、1軍になると他のサイトと同時に掲載することはできなくなります。

少年ジャンプルーキー&あしたのヤングジャンプ

ジャンプ系は2種類あります。

アカウント一つで両方に投稿できます。データ形式に関する規定も同じです。両方に同じ作品を投稿しても大丈夫です。

「少年ジャンプルーキー」は、投稿すると自動的に「ルーキー賞」にエントリーされます。

投稿した月の月末までの期間は「ルーキー賞」の候補になるので、かなりの閲覧数になります。(私の場合、約5000PVでした)

あしたのヤングジャンプのほうは、ジャンル分けが少ないので、埋もれやすいと思います。頻繁に更新するしかないでしょうね。

  • アプリ版:あり(少年ジャンプルーキーのみ)
  • 対応形式:JPEG・PNG
  • 画像サイズ:最大2400×1200px(推奨サイズは横800px)
  • 1話あたりの最大データ容量:1ページあたり10MBで最大200ページ
  • コメント機能:なし
  • ロイヤリティ:なし

―少年ジャンプルーキーヘルプより

規定はあしたのヤングジャンプと共通

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

COMICO

アニメ化や書籍化などを積極的に行っているアプリです。

縦スクロール形式なので、縦長のマンガをアップする必要があります。

特殊な形式なので、ほかのサイトと同時掲載するには工夫が必要ですね。

  • アプリ版:あり
  • 対応形式:JPEGのみ
  • 画像サイズ:横680×縦20000px
  • 1話あたりの最大データ容量:2MB
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:なし

―comico制作ガイドラインより

マンガボックスインディーズ

DeNAが運営する「マンガボックス」のインディーズ版。利用者が多いので、けっこう多く閲覧してもらえます。(1話あたり2500PVぐらい)

  • アプリ版:あり
  • 対応形式:JPEG・PNG(フルカラーの場合はjpgを推奨)
  • 画像サイズ:推奨800×1200px(縦横比が違うと歪む)
  • 1話あたりの最大データ容量:35MB(1ページあたり最大5MB)
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:あり(先読み機能)

―マンガボックスインディーズよくある質問より

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

ラインマンガインディーズ

「LINEマンガ」も、実は誰でも無料で投稿、掲載できちゃいます。

2軍の「インディーズ」作品として掲載するわけですが、ほとんど同等の扱いですね。カテゴリー別にすると、1軍の「連載作品」とごっちゃになって出てきます。

とはいえ人気順に並んでるので、既にメジャーな作品を抜いて上位表示されるのかは難しいところですかね。

  • アプリ版:あり
  • 対応形式:JPEG・PNG
  • 画像サイズ:「横400~10000px」×「縦600~10000px」(推奨800×1200px)
  • 1話あたりの最大データ容量:1ページあたり2MB以内で最大1000ページ
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:なし

LINEマンガ投稿ガイドラインより

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

1軍も2軍もないサイト

2種類目は、1軍とか2軍とかがなくて、すべて公平に、ごっちゃになっているサイトです。

マンガハック

ジャンルの分け方が大雑把なので、埋もれやすいかもしれません。

運営が独自に「まとめ」を作ってくれるところが特徴です。「まとめ」とは、まとめサイトっぽく、一定のテーマで投稿されたマンガをまとめたページです。→「マンガハック」まとめ

1話あたりの最大データ容量が20MBで、比較的少ないので注意が必要です。

  • アプリ版:あり
  • 対応形式:JPEG・PNG
  • 画像サイズ:規定はないが横幅690px以上を推奨
  • 1話あたりの最大データ容量:20MB
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:なし

―マンガハックよくある質問より

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

ニコニコ静画

ニコニコ動画と同じサイトで、イラストやマンガも投稿できます。

投稿の形式は2種類あります

 

  1. 「ニコニコ漫画形式」:「ニコニコ動画」に近いイメージで、自動的にコマが送られて、BGMやSEがつけられます。コメントも流れます。ニコニコ静画上のシステムで編集しますが、機能が少ないので、細かい演出はできません。
  2. 「スクロール形式」:こちらは一般的なweb漫画の形式ですが、ここにもコメントが流れます。

 

  • アプリ版:あり
  • 対応形式:JPEG・PNG・GIF(アニメーションは除く)
  • 画像サイズ:【ニコニコ漫画形式】「横1980px」×「縦1080px」推奨【スクロール形式】「横680px」×「縦1200px以内」推奨
  • 1話あたりの最大データ容量:【ニコニコ漫画形式】最大200ページ(1ページあたり最大10MB)【スクロール形式】最大50ページ(1ページあたり最大10MB)
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:あり(クリエーター奨励プログラム

―ニコニコ静画ヘルプより

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

マンガごっちゃ

マイクロマガジン社の運営するマンガ投稿サイト。「業界関係者の目に留まる機会が多い」ということを、うたっています。

1話あたりの最大データ容量は30MBと少なめですが、メッセージ機能を使って運営と連絡することで、30MB以上にも対応可能とのことです。(マンガごっちゃQ&Aより)

  • アプリ版:なし
  • 対応形式:JPEG、GIF、BMP、PNG
  • 画像サイズ:縦横2000px以内。推奨760×1013px
  • 1話あたりの最大データ容量:30MB(1ページあたり最大500KB)
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:なし

―マンガごっちゃ原稿の仕様についてより

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

特殊なサイト

3種類目は、ちょっと独特なサービスを展開しているサイトです。

MediBang!(メディバン!)

無料のマンガ制作アプリ「メディバン・ペイント」と連携しているサービス。無料で電子書籍の出版をしてくれるサービスが特徴です。

電子書籍出版をお願いすると、5つのサイト「Amazon Kindle」「楽天kobo」「iBooks」「Google Play ブックス」「BOOK☆WALKER」に同時に登録してくれます。

複数のサイトに、自分で電子書籍の登録をする手間が省けますが、難点がひとつ・・・

一度登録したらデータの変更ができないということです。誤字脱字や、内容を修正する予定がなければ、便利なサービスだと思います。

  • アプリ版:なし
  • 対応形式:PDF・JPEG・PNG
  • 画像サイズ:「横600~1500px」×「縦800~2000px」
  • 1話あたりの最大データ容量:【PDF】200MB/【JPEG・PNG】1ページあたり5MBで最大500ページ/電子書籍出版をお願いする場合は最大100MB。
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:なし(電子書籍を出版すればもちろん印税あり)

―Medibang!ヘルプより

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

DreamTribe(ドリームトライブ)

マンガを紹介するというより、クリエーターとしての自分を紹介していくサイト。どちらかというと、クラウドソーシングのサイトに似てるかもしれません。

「クリエイターページ」に自分の得意分野や、ギャラの目安などを記入して、企業などにアピールできます。

もちろん他のサイトと同じように、マンガを投稿し、閲覧してもらえます。マンガの投稿も、アピールの一環という感じかもしれません。

  • アプリ版:なし
  • 対応形式:JPEG
  • 画像サイズ:「800×1200px程度で」とのこと
  • 1話あたりの最大データ容量:50MB
  • コメント機能:あり
  • ロイヤリティ:なし

―DreamTribe「作品投稿フロー」より

詳しい投稿方法や、投稿してみた感想などはコチラ

-マンガ投稿の仕方

Copyright© OSHIBUYA , 2017 All Rights Reserved.