マンガ投稿の仕方

マンガ投稿サイトに投稿してみた―投稿の仕方・感想―「マンガボックスインディーズ」編

更新日:

マンガアプリ「マンガボックス」にも、誰でもマンガを投稿できるしくみがありますね。

「マンガボックスインディーズ」というものです。投稿してみた手順と、感想、どれほどの閲覧数があったかなどをまとめておきます。

投稿したマンガはこちら→エンジニア!第1話(マンガボックスインディーズ)

投稿の仕方

クリエイター登録

「マンガボックスインディーズ」のクリエーター登録ページに、メールアドレスとパスワードを入力して「新規クリエイター登録」をクリックすると、

入力したアドレス宛に「マンガボックス:本登録のお願い」というメールが届きます。

メール本文の中にあるリンクをクリックすると登録が完了します。

プロフィール写真とユーザーネームの入力

初めてログインすると、「プロフィール写真を選択(任意)」というボタンが表示されるので、クリックします。

パソコンの中にある好きな画像を、プロフィール用に選択します。

ユーザーネーム(ペンネーム)を入力して「設定の完了」をクリックします。

シリーズの登録

「シリーズの登録」をクリックします。ここで入力する項目は以下の通りです。

  • シリーズのタイトル
  • 「横に読む」か「縦に読む」を選択
  • シリーズの表紙画像(正方形の画像。フルカラーの場合はjpgを推奨)
  • タグ(4コマ/BL・GL/ギャグ/青春/シュール/バトル/ファンタジー/ほのぼの/ホラー/学園/更新遅い/切ない/1話読み切り/日常/更新早い/恋愛/シリアス/完結/スポーツ/運営への挑戦状/インディーズ限定公開/ゆめゆびコンテスト/サスペンス/SF)
  • コメントの設定(「可能にする」か「ブロックする」かを選択)

さいごに「登録を完了する」をクリックします。

エピソードの投稿

エピソードを追加したいシリーズの表紙をクリックします。

「エピソードの投稿」をクリック。

まず、話数を入力します。

次に「原稿の追加」をクリックして、マンガの本編画像データをアップロードします。画像の規定は以下の通りです。

  • 推奨サイズ:横800×縦1200[px](この縦横比を守らないと、画像がゆがむ)
  • 対応形式:jpg・png(フルカラーの場合はjpgを推奨)

大抵はページ順がおかしくなるので、順番を修正します。

エピソードのスタートが「右からスタート」か「左からスタート」かを選びます。「右からスタート」にすると見開き始まりになります。

「公開の設定」では「先読み設定」「今すぐ公開」「今は公開しない」の3つから選択します。

「先読み設定」については後述します。

特徴

「先読み設定」

「先読み」とは、読者が、マンガの続きを見るためにコインなどを消費する仕組みです。

課金しなくても、動画を見たり、SNSでシェアすることで、先読みができます。

例えば、自分のマンガの2話目以降を「先読み設定」にしておくと、読者が1話目を読んで、続きが見たいと思ったら「先読み」をしないと読めません。

そして「先読み」してもらった分だけ、自分の収益となります。

他のサイトで無料で公開しているような作品を「先読み」にするのはちょっと気が引けますが、課金しなくても読める仕組みがあるので、気軽に設定してもいいかもしれません(詳しくはマンガボックスのヘルプを参照)

「マンガボックスチャレンジ枠」

「マンガボックスチャレンジ枠」とは、「マンガボックス」本誌に連載することに近いですが、レギュラーではない2軍のような連載枠です。

この枠に連載する人には、ちゃんと原稿料も支払われます。

ただし、この枠に入ると、他のサイトへの掲載ができなくなります。

最初に投稿してから30日間の、投稿ページ数や閲覧数などの成績によって、チャレンジ枠を得られるかどうかが自動的に決まるようです。(詳しい基準はマンガボックスのヘルプを参照)

感想・閲覧数

閲覧数

1話あたりの閲覧数は、およそ2500回。コメントは4つ頂きました。

コメントって嬉しいですよね。本当にモチベーションが上がります!

この数字は、最初の1週間で到達し、その後はもうほとんど読まれなくなります。

自分のサイトへの流入は難しい

自分のブログやサイトのURLを入力すことができません。

サイトへの流入は、ほとんど期待できないでしょう。

自分の作品そのものや、自分自身を宣伝するために利用する感じですね。

 

-マンガ投稿の仕方

Copyright© OSHIBUYA , 2017 All Rights Reserved.