マンガ投稿の仕方

マンガ投稿サイト・アプリに投稿してみた手順・感想―「あしたのヤングジャンプ」編

投稿日:

「あしたのヤングジャンプ」とは、ヤングジャンプのWebマンガサイト「となりのヤングジャンプ」のインディーズサイトです。

ここに、自分のマンガを投稿してみたので、手順と感想・このサイトの特徴をメモしておきます。

Sponsored Links

ユーザー登録・ログイン

あしたのヤングジャンプトップページ

あしたのヤングジャンプトップページ

トップページ右上の「作品投稿・管理」をクリック。

ログイン画面が表示されるので、アカウントがない場合は「新規ユーザー登録」をクリックします。

既に「少年ジャンプルーキー」でアカウントを作っている場合は、同じアカウントでログインできます。

ユーザー設定

ダッシュボードの「ユーザー設定」から入力します。

内容は、「少年ジャンプルーキー」と共通なので、既に入力済みの場合は編集不要です。

  • ペンネーム
  • プロフィール画像(アバター)
  • プロフィール
  • ヘッダー色設定(プロフィールページのヘッダー背景色)
  • 作者ページ画像設定(プロフィールページのヘッダー画像)

加えて以下の項目も入力しますが、公開されず、編集部だけが見るものです。

  • 生年月日
  • 性別
  • 職業
  • アシスタントに興味があるか
  • 可能な作画形態(デジタルorアナログ)
  • アシスタントとしての勤務可能形態(在宅or通いor泊まり)
  • アシスタント経験の有無
  • 略歴(マンガ歴、マンガ賞の受賞歴、アシスタント歴など)

作品投稿

ダッシュボード右上の「新しい作品を投稿する」をクリックします。

すると、以下のような画面が表示されるので、マンガの本編データをアップロードします。

  • ページの推奨画像サイズ:横幅800px
  • 対応形式:JPEG, PNG
  • 1つのエピソードあたり200ページまで

アップロードが終わると、以下のような画面になります。

ページの順番がおかしい場合は修正します。ファイル名が連番になっていれば順番通りになるはずです。

後は以下の項目を入力します。

  • 投稿先(「お題」か「通常」か)…「お題」については後述
  • 開始位置を指定(横読みの場合):右にすると見開きで開始し、左にすると1ページ表示で開始
  • 表紙画像(エピソードの表紙ではなく、作品全体の表紙。横長長方形の画像)
  • 作品タイトル
  • 説明(あらすじなど)
  • 読者へのPR(タグ):次の中から1つ選択する「自分史上最高傑作です/処女作です/完全プロ志向です/絵師募集です/刺激的です/男性に読んでほしいです/女性に読んでほしいです/あしジャン限定です/とにかく読んでください」

最後に「投稿する」をクリックして投稿完了です。

エピソード追加

エピソードを追加する場合は「新しい作品を投稿する」ではなく、ダッシュボードにある既に投稿した作品の「編集・更新」をクリックします。

すると以下のような画面になるので、「エピソードを追加」をクリックします。

あとは、最初のエピソードを投稿したときと同じように、本編の画像データをアップロードします。

ここでも「開始位置」を指定して、最後に「投稿する」→「変更を保存」をクリックして完了です。

ちなみに、1作品につき3話までしか投稿できないようです。

4話以上続けたい場合は、「エピソードを追加」ではなく、「新しい作品を投稿する」をクリックして、「エンジニア!シーズン2」「エンジニア!4話~6話」みたいにする必要があります。めんどくさいですね!

サイトの特徴

コメント機能がない

コメント機能がないので、ただ普通に投稿するだけだと面白味がありませんね。

ヤングジャンプ編集部に見てもらうためだけのサイトという感じです。

「お題」システム

編集部が時々出す「お題」にそって作品を投稿するというシステムがあります。

もちろん「お題」以外も自由に投稿できます。

これはいったい何のための仕組みなのか…サイトを盛り上げるためだけなのか…「こんな漫画がほしい!」という編集部の希望を反映しているのか…目的はよくわかりませんね。

投稿してみた感想

投稿した結果はコチラ→あしたのヤングジャンプ「エンジニア!」渋谷理

閲覧数・宣伝効果

閲覧数は、1話あたり1500ぐらいです。

自分のサイトへのリンクも貼れませんし、漫画を読み終わった後の「作者コメント」みたいなのも入力できません。(つまり、そこにサイトURLを入力する作戦も使えない)

自分のマンガの宣伝として利用する場合、効果は弱そうですね。

「お題」に投稿しないと面白くない

前述の通り、コメント機能がありませんので、投稿しても「コメントもらえるかなー」という楽しさがありません。

3話づつしか投稿できないという不便さもあります。

このサイトを楽しむとしたら「お題」に投稿することぐらいだと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マンガ投稿の仕方

Copyright© OSHIBUYA , 2017 AllRights Reserved.