電子書籍の出版

Google Play Books (グーグル・プレイ・ブックス)で漫画の電子書籍を出版する方法

更新日:

Google Play ブックスで、自作のマンガを出版してみました!

この記事では、マンガを個人出版するために、Google Play ブックスに電子書籍データをアップロードする方法についてまとめています。

販売のためのアカウント設定は終わっている段階からの話です。アカウント設定については、以下の記事にまとめています。

「書籍を追加」をクリック

Google Play ブックスパートナーセンターにログインします。

Google Play ブックス パートナーセンタートップ

「書籍カタログ」の「書籍を追加」をクリックすると、以下のように表示されます。

Google Play ブックス パートナーセンター「新しい書籍の追加」

ISBN番号が無い場合は、識別情報(ISBN)を空欄にして、「この書籍には ISBN やその他の識別情報がありません」にチェックを入れます。

書籍形式は「デジタル」

適用するテンプレートは「Default Settings」のままで大丈夫です。

入力したら「作成」をクリックします。

「メタデータ」入力

まずは書籍の情報を入力していきます。いわゆるメタデータですね。

Google Play ブックス パートナーセンター「新しい書籍の追加」―書籍形式、タイトル、サブタイトル、説明、寄与者の入力

  • 書籍形式:デジタル
  • タイトル(巻数も含めたほうがいい)
  • サブタイトル
  • 説明:あらすじなど
  • 寄与者:「追加」をクリックして、作者名、スタッフ名などを入力

 

Google Play ブックス パートナーセンター「新しい書籍の追加」―経歴メモ、分類、シリーズ名、シリーズの巻

 

Google Play ブックス パートナーセンター「新しい書籍の追加」―言語、対象年齢、ページ数、発売日、出版日、出版社名、関連するISBN

  • 言語:ISO 639-2/B コード(日本語はjpn)
  • 対象年齢(全年齢対象の場合は空欄)
  • ページ数
  • 発売日(すぐに発売しない場合のみ入力)
  • 出版日:任意の日付、ハイフンで区切る
  • 出版社名(ネット上に公開される)
  • 関連するISBN(入力しなくてもOK)

以上の点を入力したら、右上にある「次へ」をクリックします。

コンテンツのアップロード

電子書籍データをアップロード

以下の画面になるので、電子書籍データをアップロードします。

Google Play ブックス パートナーセンター「コンテンツをアップロード」

「コンテンツをアップロード」→「ファイルを選択」をクリックして、電子書籍のデータを選択し、「開く」→「アップロード」をクリックします。

対応しているデータ形式は次のとおりです[ePub 、PDF 、JPEG、PDF、PNG、TIFF]

ePubで作っておけば、他のストアでも対応できるので便利ですね。

マンガの画像をePubにする方法は、以下の記事を参照してください

アップロードが完了すると、ステータスが「処理中」と表示されますが、そのままで大丈夫です。(一旦保存して、別の日に続きをやるのも可)

一旦ブロックされる

しばらくすると、以下のような表示になります。

Google Play ブックス パートナーセンター「この書籍は、固定レイアウトコンテンツを含んでいるためブロックされました」

マンガの EPUB は「固定レイアウトコンテンツ」なので、一旦ブロックされます。

でも「品質レビューで問題がなかったため、この書籍のブロックを解除します」にチェックを入れるだけで解除できます。以下に説明する「品質レビューア」を使ってプレビュー確認をして、問題が無ければいいわけです。

「品質レビューア」の使い方

「コンテンツ」タブ画面で、下にスクロールしていくと、以下のような表示があります。

Google Play ブックス パートナーセンター「品質レビューア」

一番下の「追加」をクリックすると、以下のようにメールアドレスの入力を求められます。

Google Play ブックス パートナーセンター「品質レビューアのメールアドレスを入力してください」

自分の Google アカウントのメールアドレスを入力して、「OK」をクリックします。

念のため、右上の「保存」をクリックします。

これで、自分の Google Play ブックスで、アップロードした本を読めるようになります。

自分の Google アカウントの「マイブックス」にアクセスして、アップロードした本を開いてチェックしましょう。

価格の入力

「価格」タブをクリックして、「新しい価格を追加」をクリック。

ここでは価格と販売地域を入力します。私は以下のようにしました。

Google Play ブックス パートナーセンター「新しい価格を追加」―JPY-99-対象: WORLD

この設定にしておけば、日本円の金額を基準に、自動的に他の通貨に換算した価格で、世界中で販売されます。

このほうが、一つ一つ国を選択するより楽ですし、対象国が増えた時にも、自動的に対応してくれます。

まだ価格を決めていない場合は、他のストアの最低価格などを参考にしてください。その点は以下の記事にまとめています

価格設定が終わったら、右上の「保存」をクリックします。

「設定」の入力

「設定」タブをクリックします。

以下の項目を設定・入力していきます。私は以下のように設定したので、参考にして下さい。

  • DRM 有効―チェック(DRMとはデジタル著作権管理のこと)
  • 電子書籍で写真を表示―チェック
  • 送信した ePub 内のフロー テキストのみを表示するー空欄
  • スキャンしたページを含める―空欄(マンガの場合は、ほぼ不要)
  • 成年向けですか?―空欄
  • コピー/貼り付け率―0%(コピペを許可する割合)
  • プレビュータイプ―20%(デフォルト)
  • 管轄―WORLD
  • 購入リンクのテキスト―空欄
  • 購入リンク―空欄
  • 出版社のウェブサイトー自分のサイトのURL(このサイト)
  • 出版社のロゴ―自分で作ったロゴをアップロード(ロゴに関するポリシーを参照)
  • プレビューで写真を表示―チェック
  • PDF のダウンロードを許可―空欄
  • 発売日前のプレビュー不可―空欄

最後に右上の「保存」をクリックします。

しばらく時間がかかる

あとはしばらく待つだけです。

アカウントの審査などに数日かかるので、それが終わるまで、書籍が販売されません。

審査が終わると、以下のように表示が変わります。

Google Play ブックス パートナーセンター「書籍カタログ」エンジニア!Vol. 01

「Google Play に掲載」となっていれば、本が販売されています。

これで完了です!

-電子書籍の出版

Copyright© OSHIBUYA , 2018 All Rights Reserved.