電子書籍の出版

電子書籍の個人出版・販売ができるサイト・サービスの比較まとめ―自分の本を全世界へ!

更新日:

個人でも気軽に、お金をかけずに電子書籍が出せる時代です。

とはいえ販売できるサイトは沢山あるし、販売方法も、規定もそれぞれ異なっています。そこで、販売サイトの比較をしてみました。

主な4つのサイト「Amazon(Kindle)」「楽天kobo」「Google Play」「iBooks Store」を、比較します。

ロイヤリティ(印税)は?

ロイヤリティは、サイトごとに大きな差があります。少しややこしいのがAmazonです。

サイト名 ロイヤリティ 備考 参照元
Amazon 35% 一定の要件を満たせば70% Amazonのヘルプより
楽天kobo 45% 299円以上で販売すると70% 楽天koboのヘルプより
Google Play 70% Google Playのヘルプより
iBooks Store 70%

Amazonは「一定の要件を満たせば」70%になります。「一定の要件」の内容は、けっこう複雑です→Amazonのヘルプを参照

要件の一つに「独占販売」があります。これは「この本はAmazonでしか売りません」という契約を交わすことです。

「独占販売して70%のロイヤリティを、Amazonだけからもらう」か、あるいは

「Amazonのロイヤリティが35%になってもかまわないので、色々なサイトで販売する」かのどちらかということになります。

独占販売にしたけど、やっぱり他のサイトでも売りたい…ということで変更することも可能です。

無料販売が可能かどうか

マンガを販売する場合、1巻を無料で販売する場合がありますね。そこで「無料で販売できるかどうか」を比較してみます。

サイト名 無料販売の可否 備考 参照元
Amazon KDPセレクトにすれば一時的に可能 Amazonのヘルプより
楽天kobo 楽天koboのヘルプより
Google Play Google Playのヘルプより
iBooks Store iBooks Storeのヘルプより

Amazonだけは「KDPセレクト」にしないと無料販売できません。

KDPセレクトに登録するには、前述の「独占販売」にする必要があります。

しかも、期間限定の「無料キャンペーン」というしくみのため、「ずっと無料」にはできないようです。

最大データ容量は?

マンガや写真集など、画像データが多い本は、データ容量がいっぱいになる可能性がありますね。

以下は、各サイトの最大データ容量です。

サイト名 最大データ容量 参照元
Amazon 650MB Amazonヘルプより
楽天kobo 100MB 楽天koboのヘルプより
Google Play 2GB Google Playのヘルプより
iBooks Store 2GB iBooks Storeのヘルプより

一番容量が小さいのが楽天koboの100MBですね。これだと何ページまでいけるでしょうか。

例えばマンガの場合、カラーか白黒か、画像サイズや描き込み具合でかなり違いますが、1ページ1200×1600[px]で、カラーなら、1ページあたりのデータ容量は、多く見積もっても400[kB]ぐらいです。

つまり、少なく見積もっても250ページぐらいは可能です。

最低販売価格はどうなの?

以下はそれぞれのサイトの最低販売価格です。

サイト名 最低販売価格 参照元
Amazon 99円 Amazonヘルプより
楽天kobo 80円 楽天koboのヘルプより
Google Play 1円 Google Playのヘルプより
iBooks Store 50円

すべてのサイトで同じ価格で販売する場合、一番高いところにあわせることになるので、99円が、1冊あたりの最低価格ですね。

 

アメリカ版アマゾンで販売する場合の注意点

アメリカ版Amazonで販売する場合は注意が必要です(Amazon.co.jpではなくAmazon.comで販売するということ)。

データ容量によって、最低販売価格が異なるからです。以下の通りです。

一冊当たりのデータ容量 最低販売価格 参照元
3MB未満 0.99USD(約100円) Amazonのヘルプより
3MBから10MB 1.99USD(約200円)
10MB以上 2.99USD(約300円)

つまり、約100円で販売したい場合には最低容量が3MBということになります。

これは、マンガなど画像が多い本を出版するには少なすぎますね。前述の見積もりと同じ条件だと8ページもいかないです。

ですから日本で100円で売っている本を、3巻分まとめて300円で販売する…などの工夫が必要でしょう。

ちなみに、70%のロイヤリティで販売する場合の最低価格は2.99USD(約300円)です。

対応形式は?

各サイトが対応しているデータ形式は以下の通りです。

サイト名 データ形式 参照元
Amazon EPUB MOBI など Amazonヘルプより
楽天kobo EPUBのみ 楽天koboのヘルプより
Google Play EPUB,PDF Google Playのヘルプより
iBooks Store EPUB,IBOOKS

すべてに対応できるのがEPUBですね。変換する手間を省くにはEPUBで作るのがいいと思います。

マンガをEPUBにする方法については、以下のページを参照してください。

ISBNコードは必要?

ISBNコードとは「国際標準図書番号」のことですね。電子書籍の登録をする際にISBNコードを入力する欄があります。

ネット検索をしてみると、「ISBN番号が必須」等と書いてあるページがありますが、間違いです。

どのサイトも、ISBN番号は必須ではありません。(根拠:Amazonヘルプ, 楽天koboヘルプGoogle Playヘルプ, iBooksヘルプ

それぞれのサイトで出版する方法

それぞれのサイトで出版する手順は、別の記事にまとめているので、参考にしてください。

Amazon

アマゾンは、出版するためにアカウントを設定するのが大変です。アメリカの税金に関する情報を入力する必要があるからです。

今ではマイナンバーがあるので楽になりましたが、マイナンバー以前はもっと大変でした。詳しくはこちら→【2018年最新版】Amazon Kindle出版で納税者番号(TIN)はどうすればいいのか?

出版までの手順をまとめると、かなり長くなるので、アカウントの登録編と作品データをアップロードする出版編に分かれています。

楽天kobo

楽天koboは日本のサイトなので、登録が簡単です。一つの記事にまとめました。

Google Play

グーグルも海外企業なので、アマゾンと同じように税金に関する情報を入力する必要がありますが、やることは基本的にアマゾンと同じです。

2つの記事に分けています。

iBooks Store

iBooks Store に関しては、Mac(マック)を持っていない人には出版できません。

Windows でもアカウントの設定・登録はできますが、本をアップロードするには Mac が必要だからです。

私は現在 Mac を持っていないので、アカウント設定だけやってみました。以下の記事にまとめています。

-電子書籍の出版

Copyright© OSHIBUYA , 2018 All Rights Reserved.